沖縄本島南部の人気観光スポットはパワースポットばかり!

沖縄本島南部(那覇より南)は那覇空港からも1時間ほどとアクセスが良く、パワースポットが多いエリアでもあります。

またロケーションの良いカフェも多く、ドライブしながらカフェ巡りというのもおすすめです。

そこで今回は、沖縄本島南部で人気のおすすめの観光スポットをご紹介したいと思います。

おきなわワールド

おきなわワールドは沖縄の自然と文化・歴史が体感できるテーマパークです。

築100年以上経った古民家を移築して昔の沖縄の街並みを再現した「琉球王国城下町」では紅型や機織り、琉球ガラスなど様々な伝統工芸を体験することができます。

また、本土の盆踊り的な沖縄の伝統的な踊り「エイサー」のパフォーマンスやハブのショーなど沖縄らしいパフォーマンスも観ることができますよ。

そしておきなわワールドの最大の見どころといえば、鍾乳石が100万本以上・全長5000mで国内最大級の鍾乳洞「玉泉洞」です。30万年もの歴史が造り上げた世界は実に神秘的です。

玉泉洞

お土産店やレストランなども充実していて家族で楽しめるので、本島南部では欠かせない観光スポットです。

<おきなわワールド>

住所:南城市玉城字前川1336番地
電話番号:098-949-7421
営業時間:9:00~18:00(最終入園17:00)
定休日:年中無休
料金:
フリーパス(玉泉洞・王国村・ハブ博物公園) 大人:1,650円 小人:830円
玉泉洞&王国村 大人:1,240円 小人:620円
アクセス:那覇空港より車で約30分

斎場御嶽(せいふぁーうたき)

御嶽とは琉球の神様が宿る聖地のことで、信仰のよりどころとされている場所で県内各地に点在しています。

その御嶽の中でも斎場御嶽は琉球最高の聖地とされており、沖縄県民が古くから信仰してきたスピリチュアルなスポットで世界遺産にも認定されています。

御嶽の周りは木々が生い茂っており森の神聖な雰囲気が漂っていますが、御嶽に足を踏み入れるとさらに神聖な雰囲気が感じられ、心が洗われるような気持にもなります。

2枚の巨岩が寄り添うようにできている洞門をくぐった先には最高位とされる拝所があり、木々の間からは久高島を望むことができ、素晴らしい眺めですよ。

<斎場御嶽>

住所:南城市知念久手堅
営業時間:9:00~17:30
定休日:旧暦5/1~5/3、旧暦10/1~10/3
料金:200円

ニライカナイ橋

「ニライ橋」と「カナイ橋」が合わさって「ニライカナイ橋」と呼ばれているこのスポットは沖縄県民では知らない人が居ないほど定番で人気のドライブコースです。

s1_0003297

「ニライカナイ」とは沖縄の方言で“海の彼方の理想郷”や“神々の住む場所”などというニュアンスです。

橋からは青い空と遥か彼方まで青い海が広がりまさに絶景。

遠くには“神の島”と呼ばれる久高島まで見ることができます。

<ニライカナイ橋>

住所:南城市知念吉富

ガンガラーの谷

ガンガラーの谷は数十万年前までは鍾乳洞だった場所が崩れてできた森で、太古の自然がそのまま残っていて神秘さを感じられるスポットです。

約1万8000年前に生きていたとされる「港川人」の居住地だった可能性が高く考古学的にも価値のある場所であることから、専任のガイド付の約1時間20分のツアーに参加して森の中や洞窟内を巡るようになります。

その中で一番の見どころは高さ20m、推定樹齢150年の「大(うふ)ガジュマル」。その存在は圧倒的で自然の神秘さを体感できる場所です。

course_image05

先ほどご紹介した「おきなわワールド」のすぐ向かいにあるので、セットで訪れるのもいいかもしれません。

<ガンガラーの谷>

住所:南城市玉城字前川202番地
電話番号:098-948-4192
営業時間:9:00~18:00 ※要予約
定休日:年中無休
料金:2,200円(保護者同伴の中学生以下は無料)
   高・専門・大学生 1,700円

奧武(おう)島

周囲1.6キロの小さな島なのですが、本島とは橋で繋がっているので車で行くことができます。

観光地とは全く違った島ののどかな雰囲気が漂っているのですが、ここは「沖縄風のてんぷら」が有名なんです。

沖縄風のてんぷらは衣が分厚くてぼてっとしていて、沖縄県民はてんぷら屋さんでテイクアウトしておやつ代わりに食べることが多いんです。

島にはいくつかてんぷら屋さんがあるのですが、特に島の入口すぐのところにある「中本てんぷら店」は行列ができるほどの人気店。

鮮魚店なのでネタが新鮮で魚やモズクなど沖縄ならではのものがおすすめです。

tenpura

<奧武島 中本てんぷら>

住所:南城市玉城奧武9
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休

瀬長島 うみかじテラス

瀬長島は那覇空港から車で約15分の場所にあり、車で行ける離島です。

「うみかじテラス」というカフェや雑貨屋さんが立ち並ぶグルメ&ショッピングスポットで、真っ白な外観がオシャレでまるで外国のようだと特に若い女性に人気の観光地です。

海が目の前に見えるハンモックカフェやタコライスが絶品のレストラン、ふわふわのパンケーキが楽しめるお店などバラエティ豊かで写真映えもするスポットですよ。

hanmoc

また、瀬長島は那覇空港の滑走路が目の前にあるので、飛行機の離発着を間近で見ることができ、写真家や飛行機好きの人が集まる場所でもあります。

乗り物が好きな子ども連れにもいいかもしれませんね。

<ウミカジテラス>

住所:豊見城市瀬長174番地6
営業日:10:00~21:00 ※店舗により一部異なる
定休日:無休 ※店舗により一部異なる

まとめ

沖縄本島南部でおすすめの観光スポットをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

本島南部は那覇空港からも車で1時間かからないくらいなので那覇空港に到着してすぐや帰る日にも気軽に行くことができます。

沖縄の大自然やスピリチュアルな空間を体験できる場所がたくさんありますので、癒しを求めている方や、パワースポットに立ち寄りたいという人には特におすすめのエリアです。

沖縄旅行のスケジュールを立てる際にぜひ参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする