八重山離島巡り(西表・波照間・小浜)旅行記⑤ 小浜島のリゾートホテル

2018年5月に行った八重山離島巡り、旅行記の続きです。

前回の記事がこちら⇒八重山離島巡り(西表・波照間・小浜)旅行記④ 波照間でシュノーケル

16:30頃に小浜港に到着し、ホテルの送迎車でホテルに向かいます。

今回宿泊するホテルは、「ニラカナイ小浜島」です。

2017年3月までは星野リゾートが「リゾナーレ小浜島」として運営していたのですが、今は運営が変わり、「アラマンダ小浜島」と「ニラカナイ小浜島」の2つのホテルに分かれています。

同じ敷地内にあるのですが、棟が少し離れた場所にあります。

ニラカナイ小浜島はリーズナブルなタイプで、アラマンダ小浜島の棟付近にある「ラグーンプール」が使用できなかったりと、サービス内容が若干異なります。

ですが、ニラカナイ小浜島でも十分すぎるくらい素晴らしいホテルでしたよ。

小浜港からニラカナイ小浜島までは送迎バスで約10分ほど。

ホテルの敷地内に入ってからがとっても広くてビックリ!!

たくさんのグリーンに囲まれていて、まさに南国の楽園といった雰囲気。

DSC09115

クラブハウスでバスを降り、そこでチェックインをします。

バスにはたくさんの人が乗っていたので、「こりゃチェックインに時間がかかるぞ~」と思っていましたが、フロント棟の前で何名かのスタッフがお出迎えしてくれました。

順番にテーブルに案内され、そこからは案内がとってもスムーズ。

チェックインを終えるとカートでお部屋まで案内をしてくれました。

DSC09114

ニラカナイ小浜島・アラマンダ小浜島は客室がいくつかの棟に分かれていて、フロントやレストランと客室が離れた場所にあります。

そのため、チェックインやチェックアウトの際はスタッフがカートで迎えに来てくれるんです。

また、クラブハウスと客室棟・ビーチ間はシャトルバスが運行していて、それに乗って敷地内を移動します。

今回は、スーペリアツイン・デイベッド付のお部屋を予約しました。

お部屋はこんな感じ。

DSC09089

ベッド2つの他にデイベッドがあり、42㎡の広々とした客室です。

2人での宿泊だったのでデイベッドを持て余してしまいましたが、この客室は4人まで宿泊可能なのでその場合はデイベッドも活用できそうですね。

DSC09086

バス・トイレが別で、大きな浴槽があったのでゆっくりと入れました。

DSC09093

洗面台も2つあるので、女子グループでの宿泊でも良いですね。

朝の支度時間がゆっくり取れます。

DSC09092

さっそくプールに入りたいところでしたが、プールのクローズの時間がもうすぐだったので今日はプールを諦めて、濡れた水着の洗濯をしました。

ガーデンプールのすぐ横にあるコインランドリー。

DSC09102

洗濯している間にガーデンプールで足だけ浸かりました。

これだけでもとっても気持ちいい~~!!

DSC09118

時間が遅いからか、貸切状態でした。

洗濯が終わったら、お部屋で洗濯を干して、ビーチへ。

ビーチまでは距離があるのでシャトルバスで向かいます。

DSC09121

ビーチ前には「ガジュマル広場」があり、ここがとってもインスタ映えするスポットなんです。

DSC09135

こんなかんじで森の中に本棚が・・・!!

DSC09138

横にはハンモックもあるので優雅に読書をしてみたいところですが、虫が多くてそれどころじゃなかったです。

キジムナー(木の妖精)が棲んでいそうな神秘的なガジュマルの木も。

DSC09148

ビーチに向かう道も素敵。

DSC09122

敷地内どこもかしこも緑が多くて癒されます。

ビーチにはこんな可愛らしいブランコもあります。

DSC09128

海は十分綺麗なんですが、波照間島に行ったばかりだから感動が薄くて・・・。

少しお散歩をして今日はひとまず退散。

一度お部屋に戻ってゆっくりした後、夕食へと向かいました。

小浜島には港付近に何店舗が飲食店もあるようですが、ホテルの外に出るのが大変なので、ホテル内のレストランで食事をするのが一般的です。

私達も今回は夕食付のプランで予約をしていました。

フロント棟の向かいにあるレストラン、「イリティダ」です。

DSC09171

バイキングスタイルで、一番の目玉はシェフが目の前で焼いてくれる日替わりの一品だそう。

私達が行った日は、ビーフステーキでした。

DSC09175

柔らかくて、うまうま~~。2人で6枚くらいペロリ!

日によってはローストビーフだったりローストポークだったりするようです。

おかずは沖縄料理がメインでチャンプルーやラフテー、もずくなどなど。

から揚げやパスタなどもありました。

DSC09173

嬉しいポイントとしては、泡盛が飲み放題なんです!

DSC09172

この日は請福と八重泉という銘柄でした。

デザートも豊富!!

ブルーシールアイスクリームがバニラ、チョコレート、マンゴタンゴ、ピスタチオ、ストロベリーチーズケーキ?、紅イモソフトクリームと種類が多くて感動しました。

DSC09180

お腹いっぱいになった後は、またまたビーチへ。

ニラカナイ小浜島では「ティンガーラロマンティック」といって、ビーチがたくさんのランタンで照らされるイベントを行っているんです。

ランタンの貸出もあります。

DSC09150

ティンガーラとは天の川のことなのですが、小浜島は南十字星が見えることもあり、星空観察にぴったりの島なんです。

タイミングが良ければ満天の星空が見られるそうですが、今回は曇り空&満月近くてそれほど綺麗な星空はみれませんでした。

でもすっごくロマンティック。

DSC09184

夜のガジュマル広場も雰囲気良かったです。

DSC09183

石垣島⇒波照間島⇒石垣島⇒小浜島と盛りだくさんの3日目が終了。

ふっかふかのベッドで熟睡することができました。

翌朝はちょっぴり寝坊して、8時頃に起床。

準備をして、さっそく朝食を食べに行きました。

前日に夕食を食べたレストラン・イリティダです。

朝食も沖縄料理がメインで、一番の目玉はシェフや焼き立てを提供してくれる黒糖フレンチトースト。

DSC09196

もちろん私も食べました。

ホイップクリーム、メープルシロップ、黒糖シロップをお好みでかけて食べます。

ふわっふわで、黒糖のほんのりとした甘さがあって、とっても美味しい!!!

最高でした。

他にもにんじんシリシリやクーブイリチーなど沖縄料理をたっぷりと食べてエネルギーチャージ!!

DSC09193

食事の後は、さっそく水着に着替えてビーチに行きました。

プールはガーデンプールとビーチサイドプールがあるのですが、とりあえずビーチに行ってみようか~ということでシャトルバスでビーチへ。

ビーチには御夫婦が2人居るだけでプールも誰もいなかったので、プールを2人占め。

DSC09222

1.6mと深めのプールなので、子連れはガーデンプールがいいかもしれません。

海が目の前で、白い砂浜も広がっていてロケーション抜群です。

海にも近づいてみましたが、ここのビーチ(アガイティーラビーチ)は遠浅でシュノーケルには向かないので見るだけで・・・。

ここだけでなく小浜島のビーチはどこも遠浅なのでシュノーケルには向かないようですね。逆に小さい子供たちが海水浴をするにはぴったりだと思います。

ハブクラゲ防止用のネットも張られていたので、安心です。

ニラカナイ小浜島ではフロント横でリゾートドレスを無料でレンタルすることができます。

DSC09082

私もビーチと客室の移動用に借りました。

せっかくということで写真撮影をしていると、ビーチハウスのスタッフが写真を撮ってくれました。

スタッフさん、皆さんフレンドリーでとっても素敵な人たちばかりでした。

チェックアウトの時間も迫っていたのでお部屋に戻ってシャワーを浴びてチェックアウト。

フロントに電話してカートで迎えに来てもらい、チェックアウトをしました。

船の時間に合わせて港までの送迎バスが出ているのでそれに乗って、港まで。

この日は石垣島に戻る前に小浜島観光を予定していたので、港目の前にあるレンタバイク屋さんでバイクをレンタルしました。

小浜島観光についてはまた次の記事で詳しく書きますね。

次の記事はこちらから⇒2018年5月 八重山離島巡り(西表・波照間・小浜)旅行記⑥

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする