雨の日の宮古島旅行 おすすめの観光スポットや過ごし方は?

宮古島といえば沖縄の離島でも屈指の海の綺麗さでダイビングスポットとしても人気の島。

海遊びを目的に宮古島旅行を考えている方も多いのではないでしょうか。

ですが、天候に関しては直前までわからないですし、残念ながら雨や台風に直撃してしまうこともありますよね。

そういうときにどうしよう・・・とガッカリしないために、宮古島で雨の日でもおすすめの観光スポットや過ごし方をご紹介したいと思います。

宮古島海中公園

宮古島海中公園はまさに「天然の水族館」。海の中を観察することができる施設で、洋服を着たままで海の中にいるかのような体験ができます。

海中公園

施設内には24個もの大きな窓があり、そこから海の生物たちや海の様子を観察することができます。カラフルな熱帯魚やタコ、ウミヘビなど見るたびに様々な生き物たちと出会うことができ、まだ海に入れない小さなお子様や高齢の人でも楽しく宮古島の海を満喫することができます。

施設ではガイドさんも付き添ってくれるので、普段知ることのできない魚の生態や魚の種類なども聞きながら海中探検できますよ。

<宮古島海中公園>

住所:宮古島市平良字狩俣2511-1
電話番号:0980-74-6335
営業時間:10:00~18:00(最終受付17:30)
定休日:無休
料金:大人1,000円、高校生800円、小人(小中学生)500円

シギラ黄金温泉

緑と花々に囲まれた、まるでジャングルの中のような温泉です。温泉と言っても、水着で入る男女兼用の温泉で、温泉というよりも「温水プール」に近いイメージです。

シギラ温泉
出典:https://www.nanseirakuen.com/onsen/index.html

しかし、黄金に輝くしっかりとした天然温泉で、疲労回復にも効果があります。

ほんのりあったかい程度なので長時間浸かっていてものぼせず、1年中家族や友達、仲間と一緒に利用することができます。

私も以前宮古島に行った際に台風前で雨の日に当たっちゃってここを利用したことがあるのですが、すっごくリフレッシュできて良かったです。

屋外なので豪雨だと厳しいですが、小雨程度なら全然OKですよ。

<シギラ黄金温泉>

住所:宮古島市上野新里1405-223
電話番号:0980-74-7340 
営業時間:12:00~22:00(最終入館21:30)
定休日:無休
料金:大人(12歳以上)1,200円、4~11歳800円

 宮古島市体験工芸村

宮古島市熱帯植物園内にある宮古島市体験工芸村では陶芸、織物、貝殻、乗馬など9つの工房があり、沖縄ならではの手作り体験をすることができます。

特におすすめなのが、沖縄の民家には欠かせないシーサー作り。

工芸村
出典:http://miyakotaiken.com/

先生がアドバイスをしてくれ、個性的な自分だけのシーサーを作ることができますよ。

作ったシーサーは後日窯焼き後に発送してくれます。

また、他にも好きな絵柄を描ける、ビーチでも使える島ぞうり作りや貝殻で作るアクセサリー作りなど様々な体験ができますよ。

屋内での作業なので、雨の日でも時間を忘れて夢中で楽しむことができますよ。

<宮古島市体験工芸村>

住所:宮古島市平良東仲曽根添1166-286
電話番号:090-2961-4111
営業時間:10:00~18:00
定休日:各工房で異なる

観光農園ユートピアファーム宮古島

ブーゲンビリア園やハイビスカス園、パパイヤ園など、熱帯の果樹園を散策することができるトロピカル農園です。南国らしい50種類以上ものブーゲンビリアが咲き誇り、トロピカルな雰囲気は写真映えするスポットです。

ユートピアファーム
出典:http://www.utopia-farm.net/index.htm

珍しいオレンジやイエロー、パープルのハイビスカスなどもとっても可愛らしくて、屋内に居ながら沖縄らしさを感じられる観光スポットですよ。

また、園内には果樹園で採れたトロピカルフルーツを使用したデザートが人気のパーラーもあります。とっても甘いマンゴーソフトやフレッシュなジュースがいただけますよ。

<観光農園ユートピアファーム宮古島>

住所:宮古島市上野宮国1714-2
電話番号:0980-76-2949
営業時間:9:30~18:00(10~3月は17:00)
定休日:無休
入園料:350円

スーパーでお土産探し

旅行先でのおすすめの過ごし方はスーパーでの地元の食材探し。

お土産屋さんなどの観光客向けじゃないスーパーでは地元の人が実際に食べている食材や調味料などが安くで購入することがができますし、その土地ならではの食材が多くて見ているだけでも面白いですよね。

お土産にぴったりの沖縄そばやタコライスの素、ちんすこう、泡盛などもお土産品店よりも安く購入することができるので、おすすめです。

「サンエー」や「マックスバリュ」は地元の人もよく訪れるスーパーですよ。

カフェでマンゴースイーツを味わう

宮古島といえば、ぜひ食べていただきたいのが、宮古島産マンゴー。

値段が高く普段はなかなか手が出せないでしょうが、たくさん収穫されている宮古島では安い金額で、マンゴーを使ったスイーツを売りにしているカフェもいっぱいあります。

宮古島産マンゴーは甘みが強くて繊維質も少なく、とろけるような美味しさです。

宮古島にはのんびりできる島カフェがたくさんあるので、カフェ巡りをして癒されるのもおすすめの過ごし方です。

まとめ

宮古島で雨の日でも楽しめるおすすめの観光スポットや過ごし方をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

宮古島=海遊びやダイビングというほど、海が素晴らしい島なので、それ目当てに訪れて雨だった場合は残念度が高いかもしれません。

ですが、室内にいても海を感じられる施設や、夢中になれる体験施設など、雨でも楽しめるスポットもたくさんあります。

沖縄の雨は気まぐれで天気予報もあてにならないことも多いので、雨と思ったら次の瞬間には晴れているということもよくあります。

気を落とさず、宮古島旅行をぜひ満喫してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする