ゴールデンウィークの沖縄 おすすめスポットや混雑を避ける方法

ゴールデンウィークは一年中観光客で賑わう沖縄でもトップシーズン。

気温は本土の6月下旬から7月上旬ほどとすでに暑いくらいの気温で、梅雨入り前で雨も少ない観光には最高のシーズンです。

しかし、観光客で空港や観光施設、観光地周辺の道路などどこにいっても混雑してしまうので、そこは注意が必要だと思います。

そこで、ゴールデンウィークにおすすめのスポットとゴールデンウィークの混雑を避けるポイントをご紹介したいと思います。

ゴールデンウィークにおすすめの沖縄の観光スポット

沖縄美ら海水族館

churaumi2

沖縄では欠かせない観光スポットですよね。

ギネスにも認定された巨大水槽の中で泳ぐジンベエザや様々な種類のお魚たち、沖縄の海を再現した熱帯魚の水槽、普段見ることのできない深海の生き物たちなどたくさんの見どころがあり、子供はもちろん大人も海の世界に魅了されること間違いなしです。

水族館だけではなく無料のイルカショー、マナティー館、沖縄の昔の集落を再現したおきなわ郷土村など様々なプログラム、施設があり見どころ満載ですよ。

古宇利島

美ら海水族館からもほど近い古宇利島は古宇利大橋を渡って車で行ける離島です。

本島と橋でつながっているにも関わらず、海の美しさはさすが離島と思えるような透明度の高さです。

美しい海を眼下に見下ろせる古宇利オーシャンタワーや岩がハートの形に見える「ハートロック」などがあり、沖縄の美しい海に癒されますよ。

首里城

那覇にある世界遺産にも認定されている首里城は、本土のお城にはなかなかない朱色の正殿が特徴的、外国のような雰囲気です。

syurijyou100

中国と日本本土どちらの文化の影響も受け、琉球独自の様式となっているのでここでしか見られない面白いスポットだと思いますよ。

駐車場はゴールデンウィーク中はたいへん混雑するので、ゆいレールかタクシーで行くのがおすすめ。

周辺にはNHK朝ドラ「ちゅらさん」でも使用された金城町の石畳や龍潭池などの観光スポットも点在しているのでぜひ巡ってみてください。

おきなわワールド 文化王国・玉泉洞

おきなわワールドは、沖縄の古い民家が軒を連ね、伝統工芸体験ができる城下町、国内最大級の鍾乳洞・玉泉洞、沖縄を代表する伝統芸能・エイサーの公演など沖縄の自然・文化を体験することができるテーマパークです。

玉泉洞

ゴールデンウィーク中は「こどもフェスティバル」と題して、子供向けの様々なイベントを開催するので、小さな子供連れでも飽きることなく楽しめますよ。

ゴールデンウィークの沖縄で混雑を避ける方法

レンタカーは空港店以外で借りる

沖縄は車社会で、沖縄旅行でもレンタカーを借りるという方も多いのではないでしょうか。

たいていの方は那覇空港店で車を借りて目的地へ出発するかと思いますが、実は、那覇空港にはレンタカーの営業所がないんです!!

ほとんどのレンタカー会社が空港から5分~10分程度の場所に空港営業所を構えていて、空港でレンタカー会社の送迎バスに乗り営業所へ向かいます。

そのため、ゴールデンウィークには那覇空港のレンタカー送迎バス乗り場には大行列ができ、さらに営業所でも長蛇の列に並び、レンタカーを借りるにもとっても時間が掛かってしまうんです。

そこでおすすめなのが、空港店ではなく別の営業所で借りるのがおすすめ。

例えばオリックスレンタカーであれば西町店や見栄橋駅前店、タイムズカーレンタルであれば久米店や国際通り店など、空港以外の那覇市内の店舗であればさほど混雑することがないので、待ち時間が少なくすみますよ。空港からもそう遠くなくタクシーでも1000円前後なので、混雑度を考えると高くないと思います。

美ら海水族館は夕方がおすすめ!

美ら海水族館はゴールデンウィークには混雑必至のスポット。

大きな駐車場がありますが、それでも混雑する時間帯には停めるのに時間がかかります。

入場者数は営業開始すぐから混み始め、12時ごろがピーク、そして14:00頃から徐々に減り始めます。

そこでおすすめなのが、人が減る15:00頃からの入園です。

その時間帯になると帰る人が多くて駐車場も停めやすいですし、混雑でなかなか好きに見学できないということもありません。

それでもかなりの混雑度なので観たいプログラムがある場合などは時間に余裕をもって行動するといいと思います。

那覇市内の観光ならモノレールを利用すべし

ゴールデンウィークだけでなく、車社会の沖縄、特に那覇市内はどこも渋滞していて目的地に着くまでとっても時間が掛かります。

また、ゴールデンウィークであれば、観光地では駐車場が満車で停められない・・・なんてことも十分あり得ます。

国際通り、首里城、Tギャラリア沖縄など那覇市内の観光であればモノレールでの移動で十分ですし、モノレール駅から目的地までタクシーを使っても、レンタカー代と駐車場代を考えると安く済むと思いますよ。

発行から24時間使えるフリー乗車券が700円です。

行動時間をちょっとずらす

なんだかんだ、この方法が一番だと思います。

人気の観光スポットは朝一やお昼頃に行く傾向があるので、午前中はホテルでゆっくりと過ごして午後から行動をする、早い時間はお土産屋さんや免税店などで買い物を楽しんでその後に観光するなど、他の観光客と行動を少しずらすだけでも、駐車場にすんなり入れたり混まずに観光を楽しむことができます。

まとめ

ゴールデンウィークは沖縄観光には最高のシーズンで、観光客が集中して道路も観光地もとっても混みあいます。

混雑に巻き込まれてやりたいことができなかった!予約に遅れちゃった!ということがないように時間に余裕を持って観光を楽しみましょう。

そして少しでも混雑を避けたい・・・という場合にはご紹介した方法を試してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする