沖縄旅行 何泊がおすすめ?泊数ごとにモデルプランも紹介します

「さぁ、沖縄旅行に行こう!!」

そう思って色々調べている方の中には、何泊したらいいの?と悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

沖縄には魅力がたくさんあるので、「1週間でも2週間でも滞在してほしい!」というのが本音ですが、そうはいかないですよね。

そこで今回は、沖縄県民である私が、目的や滞在地別に何泊がおすすめかをご紹介していきたいと思います。

nahaairport

沖縄旅行 滞在日数を決めるポイントは?

  1. 本島か離島(宮古や石垣)か、もしくは両方行くのか
  2. 海遊び(シュノーケリングやダイビング)はするのか
  3. 周辺離島には行くのか
  4. 何か所くらい観光スポットに行きたいのか
  5. 移動手段はどうする?

沖縄旅行を計画したら、まずは「何島」に行くか決めよう

沖縄とひとくくりにしても、島がいっぱいあるのでまずは「何島」に行くのかがポイントになってきます。

訪問者数が多いのが、「沖縄本島」。

観光スポットが多くて、リゾートホテルも多くて選び放題、観光・グルメ・ショッピングと何もかも充実しているので、アクティブに遊びたい派の人や初めて沖縄に行くという人は本島がおすすめです。

ただ、沖縄本島って、車も建物も多く、“意外と都会”なんです。

「赤瓦屋根の民家やサトウキビ畑が広がって~・・・」という沖縄をイメージしていて、とにかくゆっくりと過ごしたい派なら離島がおすすめです。

たくさんの離島がありどこも味があって良いんですが、沖縄を代表する離島といえば、「宮古島」と「石垣島」が人気です。

どちらも全然違う雰囲気ですので、どちらに行くかは目的に合わせて決めてくださいね。

こちらの記事も参考に⇒石垣島と宮古島どっちがおすすめ?地元民がそれぞれの魅力をご紹介

海遊びはどうする??

海遊びをするかしないかで、何泊滞在したほうがいいのかは変わってきます。

とっても綺麗な沖縄の海。せっかくならばその海を満喫してほしいですが、海遊びといっても様々。

まず気軽にできるのは、「海水浴」ですよね。ほとんどのリゾートホテルであれば周辺にビーチがあるので、そこで海水浴するだけでも十分楽しめます。ビーチでは「バナナボート」や「カヌー」などのビーチアクティビティーメニューがあるのでそれも楽しいですよ。

kiji1Img

ただ、より沖縄の海を楽しむなら「シュノーケリング」もおすすめです。

浅瀬では見ることのできないたくさんのカラフルな熱帯魚やサンゴ礁を見ることができ、透明度抜群の沖縄の海を堪能することができます。

ツアーで参加するとシュノーケルグッズを一式レンタルしてくれますし、インストラクターがレクチャーしてくれるので、初心者でも安心して楽しめますよ。

おすすめのシュノーケルツアーはこちら⇒沖縄 アクティビティ(遊び・レジャー)予約

周辺離島にも行っちゃう?

沖縄本島での旅行の場合、フェリーで10分~数時間程度で気軽に行けちゃうような離島もたくさんあります。

離島の魅力と言ったら、ずばり本島とは比にならないくらいの海の綺麗さ!!

本島の海でも十分綺麗で感動するくらいだとは思いますが、離島は格段に海の透明度が上がります。もちろん魚やサンゴ礁の種類、多さも全然違うので、きっと感動するはずです。

クロワッサンの形をしていて海水浴をするのに人気の「水納島」、世界中のダイバー憧れの地でもある「慶良間諸島」、沖縄一のパワースポットといわれている「久高島」・・・

半日~日帰りで行ける離島がたくさんあるので、ぜひスケジュールに組み込んでみてはどうでしょうか。

何か所くらい観光スポットに行く?

沖縄本島には数えきれないほどたくさんの観光スポットがあります。

本島は主に南部・中部・北部とエリアが分かれているのですが、観光スポットは全体に点在していて数日間ではとても回りきれません。

例えば北部の古宇利島と美ら海水族館、那覇の首里城は欠かせない!という場合は2泊程度でも十分ですが、「美ら海水族館、首里城と国際通り、南部のガンガラーの谷、中部の海中道路に行きたい!」という場合は2泊だとなかなかのハードスケジュールになってしまいます。

移動手段はどうする?

電車がない沖縄でアクティブに動き回ろうと思うと、車での移動がメインになります。

路線バスは時間通りになかなか来ずスケジュール通りにいかない、観光タクシーはお金が掛かりすぎる、モノレールは那覇市内しかない。

ということで、おすすめはダントツでレンタカーです。

ですが、免許がない、車の運転はちょっと・・・という人でも「観光バスツアー」などで効率よく観光スポットを回ることができておすすめです。

おすすめの観光バスツアーはこちら⇒観光バスツアー

 目的別!おすすめの沖縄の滞在日数

本島で観光+海遊びなら3泊4日がおすすめ!

沖縄本島で王道の観光スポット巡りと海遊び(海水浴、シュノーケリングやダイビング)を楽しむのであれば、最低でも3泊4日は欲しいところ。

美ら海水族館や古宇利島など人気の観光スポットは本島北部にあるので、移動を考えると本島中北部のリゾートホテルへの宿泊がおすすめ。

沖縄のリゾートホテルはとっても素敵なホテルが多いのでせっかくならばぜひ宿泊してほしい!というのも理由の一つです。

沖縄旅行 3泊4日のモデルプラン

1日目

AM 午前中に那覇空港到着、レンタカーを借りて北上
PM 万座毛、琉球村観光
   ホテル周辺の居酒屋でディナー
<リゾートホテル宿泊>

2日目

AM 美ら海水族館、備瀬のフクギ並木
PM 古宇利島(ハートロック、オーシャンタワー)
   世界遺産・今帰仁城跡
   ホテル内のレストランで豪華ディナー
<リゾートホテル宿泊>

3日目

~海遊び~

おすすめ①青の洞窟でシュノーケリング
おすすめ②体験ダイビング
おすすめ③水納島で海水浴&ビーチアクティビティ

↓那覇へ移動
国際通りでお土産探し
国際通りで民謡居酒屋orステーキディナー

<那覇市内宿泊>

4日目

AM 首里城観光
PM Tギャラリア沖縄でショッピング
   瀬長島でカフェタイム

レンタカー返却後空港へ

34070

観光だけ(海水浴ちょこっと)でいいなら2泊3日でもOK

「海には入れないシーズンに旅行するよ」、「海は見るだけで十分」、という人は2泊3日でも十分楽しめると思いますよ。

ただ午前中沖縄着、夕方沖縄発のフライトじゃないと時間的に厳しいと思います。

せっかくならばシュノーケリングやダイビングなどを楽しんでほしいですが、ブセナの海中展望塔は洋服のまま海の中の様子を見ることができますし、本島北部の海は浅瀬でもたくさん魚が泳いでいるので、海に入らずとも沖縄の美しい海を堪能することもできますよ。

沖縄旅行 2泊3日のモデルプラン

1日目

AM 午前中に那覇空港着、首里城観光
PM 万座毛、ブセナの海中展望塔
  ホテル周辺の居酒屋で沖縄料理ディナー
<リゾートホテル泊>

2日目

AM 美ら海水族館
PM 古宇利島(ハートロック、オーシャンタワー)、今帰仁城跡観光
  ↓那覇へ移動
国際通りでショッピング、ディナー
<那覇市内宿泊>

3日目

AM ニライカナイ橋をドライブ、斎場御嶽orガンガラーの谷でパワーチャージ
PM おきなわワールド
   レンタカーを返却、那覇空港へ

本島+離島なら4泊以上!

時間とお金は掛かりますが、王道の観光スポットを巡れる本島と、ゆったりとした雰囲気と美しい海が楽しめる離島のハシゴはいいとこ取りで絶対最高の思い出になりますよ!

離島は1泊でも行けないことはないですが、ハードスケジュールになってしまいせっかくののんびりとした雰囲気を味わえずに帰ることになっちゃいます。

ですので、本島2泊、離島2泊と最低でも4泊以上は欲しいところ。

竹富島2

本島&石垣島観光 4泊5日のモデルプラン

1日目

AM 那覇空港着
   首里城観光
PM 国際通りでショッピング
   琉球村
<リゾートホテル宿泊>

2日目

AM 美ら海水族館
PM 古宇利島、今帰仁城跡、万座毛
<リゾートホテル宿泊>

3日目

AM 那覇空港→石垣島へ
PM 石垣島観光
<石垣島宿泊>

4日目

AM 竹富島で水牛車観光・サイクリング
PM 石垣島へ戻り海水浴・シュノーケリング
<石垣島宿泊>

5日目

AM 石垣島一周ドライブ
   ユーグレナモールでショッピング
PM 石垣空港から帰路へ(もしくは那覇空港乗り継ぎ)

まとめ

沖縄旅行は何泊がおすすめ?を沖縄出身者目線で書いてみましたが、いかがだったでしょうか。

沖縄本島で観光と海遊びを両方楽しむなら3泊4日以上がおすすめ!ただ、沖縄着が朝一、沖縄発が夕刻の便であれば2泊3日でも十分楽しめると思いますよ!!

世界遺産や美ら海水族館などがっつり観光を楽しみたい!という人は本島がおすすめですが、「沖縄のイメージらしいのんびりとした雰囲気を味わいたい」「とにかく綺麗な海を見たい」という人は石垣島や宮古島などの離島がおすすめです。

離島だけなら2泊でも十分楽しめますよ。

ただ、「なかなか行けない沖縄旅行。どうせなら時間もお金もかけてがっつり楽しみたい!」という方は本島と離島どちらも行くという贅沢コースがぜひおすすめ。

沖縄旅行のプランを悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする