美ら海水族館の所要時間目安はどのくらい?見どころは?

沖縄旅行では欠かせない観光スポットの一つ「美ら海水族館」。

子連れはもちろんカップルや夫婦、女子旅、一人旅と誰でも楽しめるスポットなので、これを一番の楽しみに訪れる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ旅行のスケジュールを組み立てるにあたって、どのくらいの所要時間が必要になるのか気になるところですよね。

そこで今回は、美ら海水族館の所要時間と見どころやおすすめコースをご紹介したいと思います。

美ら海水族館とその周辺のエリアガイド

美ら海水族館は4階建ての建物になっていてとっても大きい施設です。

美ら海水族館1

出典:https://churaumi.okinawa/

また、水族館の外にはイルカショーを観ることができる「オキちゃん劇場」やイルカラグーン、ウミガメ館などの無料施設もあります。

「美ら海水族館」という名前はよく知られていますが、実は美ら海水族館は「海洋博公園」の一部で、水族館以外にも様々な施設があるんです。

子どもが大はしゃぎするネット遊具のエリアや熱帯・亜熱帯の花や植物を展示している「熱帯ドリームセンター」、琉球王国時代の民家を再現した「おきなわ郷土村」など沖縄の自然や文化を体験できる施設が充実していて1日中居ても回りきれないほどなんです。

美ら海水族館の所要時間目安は?

美ら海水族館6

出典:https://churaumi.okinawa/

美ら海水族館を訪れる観光客の平均滞在時間は約2時間ほど。

見どころだけをざざ~~っと見る程度なら1時間半~2時間程度でも回ることができます。

イルカショーやウミガメ館・マナティー館など外の施設を観る場合にはさらに1時間ほど時間を考えているといいかと思います。

ただ、子連れでの旅行であれば子供があっちに行ったりこっちに行ったり・・・なかなか予定通りにいかないこともあると思うので、最低でも3~4時間程度をみているといいと思います。

水族館内では飼育員の解説や生き物たちとの触れ合いなど様々なプログラムがありますし、売店やカフェ・レストランなども充実しているので楽しもうと思ったら半日・1日あっても足りないくらいです。

周辺には夕日が綺麗に見える「海岸遊歩道」や真っ白な砂浜が美しい「エメラルドビーチ」など綺麗なスポットも多いのでぜひそれらも楽しんでくださいね。

美ら海水族館観光のモデルコース

午前中観光コース(所要時間3時間)

朝一は人が少ないので、午前中に観光を考えているのであればできる限り早めの入園をおすすめします。

9:00 サンゴの海・熱帯魚の海・深海の海見学

10:00 黒潮の海(黒潮探検)

11:00 オキちゃんショー

11:30 イルカ餌やり体験

12:00 ウミガメ・マナティー館見学

午後観光コース(所要時間2時間30分)

午後になると人が増えてきて、夏場はオキちゃん劇場も日差しが強くてバテちゃうかもしれません。

ただ黒潮の海での餌やりを見学できますし、他のプログラムもたくさんありますので、プログラムの時間に合わせて予定を組むと良いと思いますよ。まずは屋外施設を観て、その後に水族館で涼むという手もアリ。

14:00 サンゴの海・熱帯魚の海・深海の海見学

15:00 黒潮の海(餌やり見学)

16:00 オキちゃんショー

16:30 ウミガメ館・マナティー館見学

夕方コース(4時からチケット利用)

4時からチケットは通常よりも500円以上安くなるチケットで、夕方になると人も少なくなってくるので個人的には一番おすすめの時間帯です。

水族館に入場できるのは16:00以降ですが、イルカショーなど外の施設は無料で見学できるので、まずはそこから見てその後に水族館に入場するのをおすすめしますよ。

15:00 イルカ観察orイルカ餌やり(要整理券)

16:00 オキちゃんショー

16:30 サンゴの海・熱帯魚の海・深海の海見学

17:30 黒潮の海(黒潮探検)

18:00 カフェオーシャンブルーで休憩

美ら海水族館の見どころは?

ここからは私が美ら海水族館に行ったらぜひ見てほしいエリアやプログラムをご紹介していきたいと思います。

タッチプール

水族館の入口に入ったところには「イノーの生き物たち(タッチプール)」があり、実際に海の生き物たちに触れることができます。

イノーとはサンゴ礁に囲まれた浅い海のことで、ヒトデやナマコ、熱帯魚などに触れることができます。

なかなか触れ合うことのない生き物たちで、子どもたちが大喜びのスポットですよ。

美ら海水族館2

出典:https://churaumi.okinawa/

黒潮の海

「黒潮の海」は美ら海水族館といえばコレ!といえるほどの一番の見どころです。高さ8.2m、幅22.5mもの巨大な水槽の中には全長8.7mもの巨大なジンベエザメやマンタ、サメなどあらゆる海の生き物たちが悠々と泳ぎ回っていて、その光景は圧巻。

churaumi2

一番の写真映えスポットでもありますよ。

黒潮体験

美ら海水族館では、「黒潮の海」の巨大な水槽を水面から見学できちゃうんです。

8:30~11:00、17:30~閉館まで予約不要で見学することができ、時間によっては水槽解説もしてくれて普段なかなか見ることのできない水族館のバックヤードの雰囲気にもドキドキワクワクできるプログラムです。

美ら海水族館3

オキちゃん劇場(イルカショー)

絶対観るべきプログラムの一つで、屋外にあるオキちゃん劇場では美しい海を背景にイルカたちの楽しいショーを観ることができます。

イルカたちの大ジャンプや泳ぎ、アクションはとっても可愛くて子供はもちろん大人も楽しめるショーですよ。

美ら海水族館4

イルカラグーン

イルカたちを間近で観察することができるイルカラグーンでは様々なプログラムが準備されています。

イルカラグーンのデッキから餌をあげることができる餌やり体験(500円)や実際にイルカにタッチしたり触れ合うことができるふれあい体験(無料・要予約)など、子供たちは大喜びしますよ!

カフェ・オーシャンブルー

水族館内にあるカフェ・オーシャンブルーは巨大水槽・黒潮の海の目の前にあり、魚たちを眺めながら食事やお茶を楽しむことができるんです。

水槽前の席にはすぐ目の前に巨大なジンベエザメが来てくれることもあり、席は争奪戦。

営業時間は8:30~19:30(10~2月は18:00)なので、朝早い時間や閉園ギリギリの時間であれば混雑もなくゆっくりと特等席で食事をしながら魚たちを眺めることができますよ。

美ら海水族館5

出典:https://churaumi.okinawa/

まとめ

美ら海水族館の所要時間とモデルプラン、そしておすすめエリアやプログラムを紹介しましたがいかがだったでしょうか。

さっと見るだけであれば1時間半~2時間でもいいですが、餌やり見学や水槽解説、屋外施設の見学をするなら3時間以上は考えていたほうがいかと思います。

巨大なジンベエザメが水槽の中を泳いでいる姿は圧巻で見る価値あり!のスポットですよ。沖縄らしい熱帯魚の水槽や、イルカショーなど子供が大喜びのエリアもたくさんあるので、ぜひ参考にして、楽しんでほしいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする