沖縄の日帰り温泉で旅行の疲れを癒そう

旅行中は観光にショッピングにお土産探しにと歩き回って疲れが溜まっちゃいますよね。
そんな時は日帰り温泉で旅行の疲れを癒しちゃおう!!

「温泉」のイメージがない沖縄ですが、最近はホテル内で温泉を楽しめたり、日帰りできる入浴施設がオープンしたりと旅行中に温泉が楽しめます。

ここではおすすめの日帰り入浴施設を紹介していますので、参考にしてみてください。

琉球温泉 瀬長島ホテル 龍神の湯

Y352977253「瀬長島」は、那覇空港から車で20分ほどで行ける、陸続きの島で、飛行機の離発着が間近で見れたり、夕日が綺麗な、地元の若者に人気のスポットです。
高台にある「琉球温泉 瀬長島ホテル」 にある「龍神の湯」では、天然温泉が楽しめます。

こちらの露天風呂からは、間近に飛行機や、慶良間諸島に沈む夕日が望めます。
また、サウナは珍しいアロマサウナや塩サウナなどがあり、楽しめます。
沖縄でこれほどまでに本格的な露天風呂は珍しいですよ!

空港に近いので、「時間が余ったから、空港に行く前にひとっ風呂。」というのもおすすめ。

「琉球温泉 瀬長島ホテル」

住所:沖縄県豊見城市字瀬長174-5
営業時間:6:00~24:00(最終受付:23:00)
料金: 大人(中学生以上)/平日1,330円 土日祝1,540円
   小人(小学生)/720円 
   幼児/無料
※バスタオル・フェイスタオル込み

ユインチホテル南城 天然温泉さしきの「猿人の湯」

enjinnoyu本島南部・南城市にあるホテルの中の温泉施設です。

ホテル棟と温泉施設は分かれているので、気軽に日帰り入浴できます。

入浴料に館内着が含まれているので、温泉施設内にあるレストランや、カラオケルーム、エステなどで長時間ゆったり寛げます。茶色っぽいお湯は加水・加温を一切していない源泉かけ流しで、疲労回復や健康増進に効くそうですよ。

高台にあるので、昼は真っ青な海、夜は本島南部の夜景が楽しめます。

ユインチホテル南城 天然温泉さしきの猿人の湯

住所:沖縄県南城市佐敷字新里1688
営業時間:平日 07:00~23:00(最終受付22:30)
     土日祝日 06:30~23:00(最終受付22:30)
料金:[大人] 1,650円 [小学生] 750円 [幼児(6才未満)] 無料
※バスタオル一式、リラックスウエア込み

シギラ黄金温泉

shigiraonsenこちらは本島ではなく、宮古島にある温泉施設です。
今のところ、日本最南端の温泉になります。

といっても、こちらは水着着用の「温泉プール」です。

緑が生い茂っていて、ジャングルの中のような雰囲気なので子供連れでも楽しめます。

男女一緒なので、カップルや家族で遊べるのがいいですね!
お湯はぬるいし、どちらかというと「プール」という感じで温泉っぽさはあまりないのですが、長時間はいっていたらお肌もすべすべに。

シギラ黄金温泉

住所:沖縄県宮古島市上野新里1405-223
営業時間:12:00~22:00(最終入館21:30)
料金:大人¥2,000 こども(4~11歳)¥1,000 3歳以下無料

まとめ

沖縄の日帰り入浴施設は値段がちょっとお高めですよね。

でも、泉質は塩泉がメインの島独特の泉質だったりするので、行ってみる価値あり!だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする