神の島・浜比嘉島でパワースポット巡りをしてきたよ!

沖縄本島中部、橋で繋がっており本島から車で行くことができる離島・浜比嘉島(はまひがじま)は「神の島」と言われています。

その神の島といわれている浜比嘉島にはパワースポットが点在していいるんです。

先日、そのパワースポット巡りをしてきました。

今回はそのスポットをご紹介していきたいと思います。

神の島・浜比嘉島とは?

浜比嘉島(はまひがじま)は沖縄本島中部・うるま市に属している島で、「海中道路」を渡って本島から車で気軽に行くことができる離島の一つです。

海中道路は沖縄本島と平安座島を結ぶ全長4.8キロの道路で、無料で渡ることができます。

周りが海に囲まれており、絶景を楽しめるドライブコースとして人気があります。

その平安座島と橋で繋がっているのが、浜比嘉島です。

浜比嘉島は琉球を創ったとされる夫婦神(アマミキヨ・シネリキヨ)が降り立ち、島に住み、子を授かったといわれています。

そのためおきなわでは「神の島」と伝えられているんです。

島の各地にはパワースポットが点在しており、島全体が何かのエネルギーで覆われているかのような、そういうものに鈍感な私でさえ、不思議な力を感じる島なんですよ。

子宝に恵まれると話題の「シルミチュー霊場」

浜比嘉島で一番有名なスポットと言えば、浜比嘉島の南にある「シルミチュー霊場」です。

カーナビでは出てこなかったんですが、島のあちらこちらに看板が出ているのでその通りに進むとたどり着きます。

IMG_3140

ここはアマミキヨ(アマミチュー)・シネリキヨ(シルミチュー)の夫婦神が住んでいたとされる洞窟。

ここで子供を授かり、琉球の国が始まったという伝説があることから、子宝に恵まれるといわれているんです。

近くに広場があり、そこに車を停めるようになっています。

IMG_3141

細道を進んでいくとシルミチュー霊場の入口があるのですが、看板がないから不安・・。

IMG_3142

IMG_3143

ですが、まっすぐ進んでいくと鳥居が見えてきますので安心してください。

IMG_3145

周辺はゴツゴツした岩やガジュマルの木で囲われており、虫もたくさん。

(夏場は蚊も多いので虫よけスプレーがあったらいいかと思います。)

IMG_3144

108段ある階段が少しきついですが、登った先に、伝説の鍾乳洞があります。

IMG_3148

木々の隙間から木漏れびが差し込んできて、なんとも神秘的な空間でした。

IMG_3149

もう、なんだか不思議な雰囲気というか・・・ここだけ空気感が全く違うんですよね。

私も子宝に恵まれますようにとしっかりお祈りしてきました。

<シルミチュー霊場>

住所:うるま市勝連浜(兼久)

営業時間:見学自由

駐車場:無料あり

観光所要時間:約10分

アマミチューの墓

平安座島から浜比嘉島に渡る「浜比嘉大橋」を渡って左に進むとすぐの場所にあるのが、「アマミチューの墓」です。

IMG_3133

こちらはすぐ横にある漁港の横の広場が駐車場です。

IMG_3131

橋を渡った小岩がアマミチューの墓で、アマミキヨ・シネリキヨの2神とその他の神々が祀られているそうです。

IMG_3134

周辺は透明度抜群の海。

すぐそばに魚が泳いでいそうです。

IMG_3136

島の人々が豊穣、無病息災、子孫繁栄などを祈願する霊場で、古くから参拝者が絶えないスポットです。

横にはきのこ岩があり、生物や波によって自然とこのようなユニークな形になったそうですよ。

IMG_3139

<アマミチューの墓>

住所:うるま市勝連比嘉 

営業時間:見学自由

駐車場:無料あり

所要時間:約10分

東の御嶽(シヌグ堂)

浜比嘉大橋を渡って右に進むと漁港があるのですが、その漁港を少し集落のほうへと進んだところにあります。

IMG_3154

御嶽(うたき)とは拝み場のことで沖縄各地にたくさんあるんです。

浜比嘉島の東の御嶽は年に2回、海人たちを守るために行われる祈願祭「シヌグ祭り」をすることからシヌグ堂とも言われています。

周辺にはガジュマルの木が生い茂り、神秘的な雰囲気を醸し出しています。

IMG_3155

IMG_3156

こちらも駐車場はありませんので、浜比嘉大橋横の「浜漁港緑地公園」に停めて約10分ほど歩きます。

IMG_3158

<東の御嶽>

住所:うるま市勝連浜

営業時間:見学自由

駐車場:付近に無料駐車場(浜漁港緑地公園)

所要時間:約5分

浜比嘉ビーチ(浜ふるさと海岸)

パワースポット巡りもいいですが、せっかくの沖縄旅行なら、海にも行きたいですよね!

浜比嘉大橋を渡り、右に進んだところにあるのが浜比嘉ビーチです。

島の看板では「ふるさと海岸」と書かれています。

こちらは人工のビーチで、防波堤にも囲まれているので、波が穏やかで海水浴に適したビーチです。

IMG_3153

砂浜はサラサラと真っ白で、さすが離島といった綺麗な海です。

トイレやシャワーはありますが、ハブクラゲ防止用のネットや監視員は居ませんので、遊ぶときは注意が必要です。

とても穏やかな海で人も少ないので、眺めているだけでも癒されるビーチですよ。

<浜比嘉ビーチ>

住所:うるま市勝連浜104

営業時間:自由

駐車場:無料駐車場あり

所要時間:思い思いに

浜比嘉島観光の所要時間は?

浜比嘉島は小さな島ですし、パワースポットも見学は時間がかからないため、回るだけであれば、1時間ほどあれば十分です。

もしビーチで海水浴を楽しむのであれば、2~3時間を考えていたらいいかと思います。

浜比嘉島周辺の観光スポットは??

浜比嘉島の周辺には、「宮城島」や「伊計島」など、他にも橋で繋がっている離島があります。

そのため、離島巡りを楽しむのもおすすめですよ。

一番のおすすめスポットは、宮城島の「果報(かふう)バンタ」です。

IMG_3109

沖縄の方言で、「幸せ岬」という意味なのですが、コバルトブルーやエメラルドグリーンなど、刻々と色を変えていく海のグラデーションが絶景なんです!

浜比嘉島からは車で約20分ほどで行くことができるので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

果報バンタの詳細はこちら⇒沖縄の穴場絶景スポット果報バンタはおすすめのパワースポット

浜比嘉島のおすすめホテル

浜比嘉島唯一のリゾートホテルが、「ホテル浜比嘉島リゾート」です。

離島ならではのゆったりとした時間が流れ、目の前にはコバルトブルーの海が広がり最高の癒しの時間を過ごせます。

評判がいいのが、「浜比嘉キュイジーヌ」と名付けられ、近海で捕れた魚介類や島野菜など、地元の食材を使用したフレンチのディナーです。

また、施設内には天然のビーチ「ムルク浜」があり、透明度はピカイチですよ。

まとめ

  • 浜比嘉島は琉球開闢(かいびゃく)の神・アマミキヨとシネリキヨが住んだとされている神の島
  • 島の各地にパワースポットが点在している
  • 本島から車で行くことができ、1時間ほどで回ることができる
  • 周辺の離島も一緒に観光することができ、特に宮城島の「果報バンタ」は絶景で一見の価値あり!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする