海中道路に行くなら道の駅「あやはし館」に立ち寄りはいかが?

沖縄中部で絶好のドライブスポットと言えば、「海中道路」です。

海中道路は沖縄本島と平安座島を結ぶ全長4.8キロの道路で、平安座島以外にも浜比嘉島・宮城島・伊計島にも行くことができます。

沖縄本島から車で行ける離島で、気軽に島巡りと観光、海遊びを楽しむことができる観光客に人気のスポットです。

海中道路の中間地点には「道の駅あやはし館」があり、ここからの景色が最高なので、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

グルメやショッピングが楽しめる道の駅あやはし館

船の形が特徴的な道の駅あやはし館。

IMG_3082

海のすぐそばに立っていて、ここでもマリンスポーツが楽しめます。

ビーチはありませんが、海のすぐ横をお散歩することができます。

IMG_3079

IMG_3080

この日はあいにくの曇り空だったので写真はイマイチですが、さすが離島!!といった海の美しさです。

この辺りは、ヨットをしている人たちをよく見かけます。

上り、下りと駐車場が設置されていて、そこを繋いでいる歩道橋からの景色は最高!!

IMG_3084

IMG_3085

左右に真っ青なコバルトブルーの海が広がっています。

これから向かう浜比嘉島や宮城島も臨むことができますよ。

中では沖縄の特産品が販売されています。

IMG_3088

海中道路があるうるま市といえば、「ぬちまーす」!!

IMG_3094

宮城島には製塩工場がありますが、海水を独自の製法で結晶化させたお塩は一般の塩よりも塩分が低く、ミネラルがたっぷり。

少し値段はお高いですが、お土産としておすすめですよ。

また、島で採れた海ぶどうやもずくなども。

IMG_3093

海ぶどうは常温保存なのでぜひ購入して食べてみてほしいです。

海ぶどう自体はほどんと味はありませんが、ぷちぷちっとした食感が面白くて食べていてクセになりますよ。

空港や那覇市内のスーパーで購入するよりも安い!!

他のお土産屋さんではなかなか見かけない、うるま市の特産品も多く取り揃えていましたので、ぜひのぞいてみてくださいね。

うるま市は大きな製糖工場があるようで、黒糖の種類も多かったな~。

もちろん、定番のちんすこうや紅イモタルトなどのお菓子系も取り揃えられていました。

IMG_3087

また、館内にはレストランもあります。

IMG_3090

この辺りはモズクの養殖が盛んな地域なので、そのもずくを使ったメニューが多かったです。

IMG_3091

あと、鮪丼も!!

IMG_3092

お値段は観光地価格かな。

ですが目の前には海が広がり、ロケーションは最高ですよ!

売店で沖縄てんぷらをゲット!

レストラン以外にも売店があり、かき氷や塩ソフトクリームなんていうのも味わえます。

IMG_3096

私が食べたのは、「沖縄てんぷら」。

沖縄天ぷらは衣が分厚くぼてっとしていて、沖縄県民はおやつ感覚でいただきます。

こちらがメニュー。

IMG_3097

小腹がすいていたので、「さかな」と「グルクン」をいただきました。

二つでたったの200円。

ベンチに座って、美しい海を見ながら食べるのは最高です!!

IMG_3100

塩味が付いていますが、こちらのお店は塩分が控えめだったので、お好みでお塩やソースをかけるとさらに美味しいですよ。

ドライブのお供にぴったりのおやつです。

道の駅の先にもコンビニはありましたが、それ以外には公衆トイレなどもあまりないので、これから浜比嘉島や伊計島、宮城島に観光に行く場合には、ここでトイレも済ませておくといいと思いますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする