一度は泊まってみたい 沖縄の豪華ラグジュアリーホテル

ホテル

多くの観光スポットやマリンアクティビティが魅力の沖縄。観光地巡りや海で思いっきり遊ぶのも楽しいですが、海の見えるお部屋のバルコニーやプールサイドでゆっくりとしたり、ホテルエステで癒されたり・・・ホテルライフを楽しむのも旅行の醍醐味。

沖縄は大規模なリゾートホテルが多いのですが、今回は比較的客室数が少なく、ゆったりとしたプライベートな空間を楽しめるラグジュアリーなホテルを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ザ・テラスクラブ アットブセナ(本島北部・名護市)

名護市の有名ホテル、ザ・ブセナテラスに隣接するワンランク上のラグジュアリーホテルです。

ライブラリーラウンジ&バーでの飲食サービスや無料でのタラソプールやジムの利用など、宿泊者全員が「クラブサービス」を受けられて、快適なホテルステイを楽しむことができます。

客室は50㎡以上で、自然の光や風が入るようなオープンスタイルで、より広く快適に過ごせるようになっています。

広いテラスやデイベッドもあり、ゆったりと寛げるような空間ですよ。

 

屋内プールはないのですが、屋外プールは海と一体となったようなインフィニティプールで、日本だということを忘れてしまいそうな素晴らしい景色です。

また、海水を用いたタラソプールではジェットバス機能によりアクアエクササイズを楽しめ、身体機能を高めてくれるので、日ごろ溜まった疲れや食べ過ぎて重たい身体をここでリセットすることもできます。

また、館内のレストランでは沖縄の素材を中心に“健康・滋養”を視点としたヘルシーな「ウェルネスsimaキュイジーヌ」を提案していて、健康志向の人にピッタリだと思います。

小規模なホテルなのですが、系列ホテル「ザ・ブセナテラス」とも隣接していますし、系列ホテル間で無料シャトルバスが運行しているので、他のホテルのレストランやショップを利用でき、連泊でも飽きることがありませんよ。

 

≪ホテルの詳細・予約はこちらから≫

 

 

ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ(本島中部・読谷村)

読谷村の海辺に佇むジ・ウザテラスビーチクラブヴィラズは、全室プール付のヴィラタイプです。

客室は赤瓦屋根が沖縄らしく周りの風景に調和した造りになっています。

様々な客室タイプがあるのですが、一番小さなお部屋でも88㎡、リビングルームとベッドルームが分かれていてゆったりとした広さです。

お部屋の目の前のテラスにはプライベートプールが広がっていて、極上のプライベート空間でのんびりと過ごすことができます。

プールは常温プールと温水プールの2タイプがあり、暖かい沖縄なので、温水プールであれば年中泳げますよ。

 

宿泊者はバー&ラウンジでのドリンクサービスやミニバーフリー、朝食のルームサービス対応などが基本サービスとして受けられ、最高の休日が過ごせますよ。

 

オリエンタルヒルズ沖縄(本島北部・恩納村)

広大な敷地に客室14棟のみで、オールスイートのコテージタイプ

全室にプライベートプールがあり、究極のプライベート空間で過ごすことができます。

アメニティは、世界のセレブから愛されているスペイン製「アイノア」のシャンプーコンディショナー、さらにはコスメデコルテの基礎化粧品セットも揃えられています。

最高級エジプト綿をを使用したパジャマや今治タオル、フェイシャルマスクなど高品質なもので揃えていて、至福のリゾートステイになること間違いなし!

チェックインからチェックアウトまで専用のコンシェルジュが付き、空港⇔ホテル間は専用車で無料送迎付など、最高のおもてなしをしてくれます。

≪ホテルの詳細・予約はこちらから≫

 

ザ・リッツカールトン沖縄(本島北部・名護市)

館内に入ると、ゴージャスでセンス抜群のインテリアがお出迎え。

館内のいたるところにこだわりが感じられ、ゴージャスな空間を演出しています。

 

客室はどれもラグジュアリー感があるのですが、特におすすめの客室は「カバナルーム」。

屋外プールに面しており、客室から直接屋外プールへのアクセスが可能なんです。

客室内にジェットバスもあり、リラックスしたりデイベッドで読書したりと、リゾートならではの非日常を味わえます。

また、ここに宿泊したらぜひ利用してほしいのが、「ザ・リッツ・カールトンスパbyESPA」。

最高品質の植物エキスなどを原料とした英国・ESPA 製品を取り入れたスパで、至福のリラクゼーションを堪能できます。

 

≪ホテルの詳細・予約はこちらから≫

 

 

百名伽藍(本島南部・南城市)

神の島と言われている「久高島」や沖縄一の聖地と言われている「斎場御嶽(せいふぁうたき)」などがある南城市にあるホテルです。

他のリゾートホテルとは全然違う雰囲気で、赤瓦や琉球石灰岩・チャーギなど沖縄の素材を用いた和琉様式のホテルなんです。

客室は全室オーシャンフロントで、目の前に青い海と白い砂浜が広がります。

沖縄では珍しい貸切の露天風呂が6室あり、宿泊客は無料で利用可能。

ゆっくりと旅の疲れを癒すことができるのが嬉しいですよね。

元々沖縄県内で飲食店を数多く展開していて、料理には定評があります。

自然に囲まれた沖縄の新鮮な食材を取り入れた和琉会席でおもてなしをしてくれますよ。

 

≪ホテルの詳細・予約はこちらから≫

 

THE SHIGIRA(宮古島)

沖縄本島から飛行機で約50分、宮古島にある最高級リゾートホテルです。

宮古島空港からは車で15分の距離ですが、バドラーの送迎付き。

レンタカーを借りなくていいのが嬉しいですよね。

客室はたった10棟しかないプライベートヴィラで優雅で贅沢な空間。

THE SHIGIRAの特徴は、「オールインクルーシブスタイル」。

お食事やゴルフ、インルームエステ、サンセットクルーズなど様々な特典やプログラムが料金に組み込まれています。

客室には温水のプライベートプールとジャグジーがあり、デイベッドで沖縄の風を感じながらゆったりとした時間を過ごせますよ。