LCCを利用して沖縄旅行する際の注意点は

ここ最近が急激にLCC(ローコストキャリア)が増え、気軽に旅行が楽しめるうになりましたね。

ジェットスターやピーチ、バニラエアなど多くのLCCが沖縄路線を運航しており、LCCを利用して沖縄旅行をする方も多いのではないでしょうか。

air plane

那覇空港には「LCC専用ターミナル」があり、気を付けるべきポイントがいくつかあります。

そこで今回は、LCCを利用して沖縄旅行をする際の注意点をご紹介します。

LCC専用ターミナルへはシャトルバス移動

LCC専用ターミナルは許可車両しか乗り入れができず、国内線ターミナルから無料のシャトルバスを利用しての移動となります。

シャトルバスは10分間隔での運行で、国内線から5分程度かかるので、当然通常の国内線を利用するよりも時間を取られてしまいます。

LCCは時間に厳しく、遅れたら乗せてくれないという場合がほとんどなので、余裕をもって移動しましょう。

ジェットスターなら国内線でOK

ピーチやバニラエアを利用するのであればLCCターミナルとなりますが、ジェットスターだけは国内線ターミナルからの出発・到着なんです。

もし、どの会社にしようか悩んでるのであれば、おすすめポイントの一つです。

食事や買い物は国内線ターミナルで済ませよう

那覇空港のLCCターミナルはちゃんとした建物ではなく、倉庫のような建物で、あまりスペースがありません。

何もないのに待合いスペースも少なく、地べたに座り込んでる人もちらほら。

軽食が売っている数席しかないカフェや小さな売店はあるものの、レストランやお土産屋さんはありません。

ですので、食事や買い物は国内線ターミナルなどで事前に済ませておきましょう。

レンタカーを利用するならここがおすすめ!

先ほど、LCCターミナルへはシャトルバスで移動するとお伝えしましたが、以下のレンタカー会社であれば、LCCターミナルにレンタカーカウンターがあり、特定の営業所とLCCターミナル間の直接の送迎を行っています。

・ニッポンレンタカー
・トヨタレンタリース
・OTSレンタカー
・オリックスレンタカー
・ルフト・トラベルレンタカー

もしLCCを利用しての沖縄旅行でレンタカーを検討するのであれば、これらの会社が楽でおすすめですよ。

<沖縄旅行でレンタカーを最安値で借りるならこのサイト>

LCCはブランケットが有料!上着は必須です

ANAやJALなどであれば、ブランケットを貸してくれますが、LCCはそういったサービスがありません。

以前LCCに乗った際に、隣のカップルが寒がってブランケットを仕方なく1000円で購入するといったことがありました。(しかも100均でも売っていそうな薄いゴワゴワのブランケット・・・笑)

せっかく安く搭乗しているのにそこでお金を使ってしまうともったいないですよね。

LCCを利用する場合は忘れずに上着やストールを持っていきましょう。

機内への荷物の持ち込み過ぎに注意

みなさんご存じのように、LCCは荷物のお預けが有料です。

少しでも安く済ませようと搭乗者みんなが機内へ大きな荷物を持ち込む、というのもLCCの特徴です。

機体の上の手荷物収納に荷物がパンパンで、乗務員さんが「え、お土産がつぶれない?!」ってくらいギューギュー詰めに押し込んでいる光景を見たことがあります。

あまりにも大きな荷物を持ち込むのはなるべく避けて、もし上に入らなければ、足元に収納するくらいの気持ちでいましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

LCCは値段が安い分、大手の航空会社のようなサービスが受けられませんし、那覇空港ではLCCターミナルを利用するので注意が必要です。

LCCでの沖縄旅行を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする