沖縄でおすすめの森Cafe 列車の走るcafe gyutto

沖縄そばやタコライス、琉球料理などたくさんの沖縄グルメがありますが、沖縄旅行中にぜひおすすめしたいのはカフェ。

沖縄には絶景が広がる海カフェや外人住宅を改装したカフェなどたくさんのカフェがありますが、やんばるの自然に囲まれた森カフェもおすすめです。

今回は美ら海水族館や名護パイナップルパークなど人気観光地の途中に寄れる、本部町にあるおすすめのカフェを紹介します。

鉄道模型が走っているカフェ

本部町の緑豊かな場所にある「Cafe gyutto」。

DSC04321

このカフェの一番の特徴は、鉄道があること。なかなか珍しいタイプのカフェですよね。

店内に鉄道模型が走っており実際に10分300円、20分500円でNゲージというジオラマの運転体験ができるんです。

リアルな鉄道模型は子供はもちろん大人でも見てて楽しい!

DSC04318

列車の持ち込みもOKのようなので列車好きにはたまらないですね。

ジオラマを見ながら食事ができるカウンター席もありましたよ。 

テーブル席のほかに座敷もあり、プラレールで自由に遊べるようになっていたので、小さい子供連れでも落ち着いて食事ができます。

大きな窓からはやんばるの青々とした木々が見えて、小鳥のさえずりも聞こえるのでとっても癒されます^^

DSC04314

店内のインテリアや食器などもナチュラル風なものを使用していてとてもセンスがよくて癒されるんです。

沖縄食材を使ったカフェメニュー

メニューは沖縄の島野菜や島豚を使ったメニューです。

以前は予約受付でディナーもやっていたようなのですが、今現在はランチのみの営業のようです。

DSC04309

お食事は数量限定の島豚アグーを使ったハンバーグや島豚がたっぷり乗った塩ラーメン、チャーシュー丼などです。

私は「沖縄の野菜をのせた塩ラーメン」をいただきました。

サンゴの欠片の箸置き、可愛くないですか?!
沖縄ビーチにごろごろ落ちてたりするので、持ち帰って真似するのもいいかも。

DSC04315

沖縄産の野菜がたっぷり入っているのでラーメンなのにヘルシー。

オーナーはラーメン店出身のようで、さっぱりしつつも出汁がしっかりとしていて美味しかったです。

麺は北部にある離島・伊江島産の全粒粉入り小麦、スープには宮古島の雪塩を使用しているそうです。

ミニチャーシュー丼がセットで付いているので女性なら少しボリュームがありすぎるくらいガッツリいただけますよ。

スイーツも沖縄の食材を使用して作っています。

ビタミンCやカルシウムがたっぷりの紅いもとシークワーサーのパウンドケーキやちんぴん(黒糖入りのクレープのようなもの)、沖縄風ぜんざい(お豆にかき氷を上に乗せてアイスや黒蜜をトッピングしたもの)などここでしか味わえないオリジナルのデザートですよ。

ロケーションとアクセス

場所は美ら海水族館がある沖縄本島・本部町にあります。

美ら海水族館は海側にありますが、cafe gyuttoはマイナスイオンたっぷりの森に囲まれた場所にあります。

とはいえ、名護パイナップルパークややんばる憩いの森など北部の人気観光地からちょっとの場所なので観光途中のランチや休憩にいいですよ。

車を停めてお店に向かうと、こんな感じの岩の上に建った一軒家になっています。

ビックリのロケーションですよね!!

海ももちろんいいですが、やんばるのマングースやハブが出てきそうな大自然も非日常的で癒されるのでおすすめです。

あと、店内のトイレもお楽しみに~(笑)

DSC04320

cafe gyutto

住所:沖縄県国頭郡本部町伊豆味1667-1
電話:090-1456-8343
営業時間:11:00~17:00
定休日:不定休
駐車場:店舗前にあり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする